だいじょうぶ?マイペット

去勢手術の術前検査で、ALP値が730ありました。

質問カテゴリ:
その他

対象ペット:
/ トイプードル×チワワ / 男の子 / 0歳 7ヵ月

質問者:
徳島県 / 8823さん

 
2017/02/17 17:06

はじめまして、現在7か月のミックス犬トイプードル×チワワ)を飼っています。
ワクチン接種が終わり、フィラリア等の治療も終わってからも、定期的に検便とか診てもらったりして、通院しております。
おかげで、急に軟便になりジアルジアであることがわかり、治療してもらったり、先日は麦粒腫で治療してもらったりしました。

2月に入り、麦粒腫の最終チェックと思い、目を診てもらいに行き、去勢手術の予約を取ってもらいました。
3月2日に、去勢手術の予約をしました。
術前検査をしておきましょう、と血液検査をしてもらったのですが、、絶食でしなかったせいか、ALPが730ありました。再検査したほうがいいとのことで、エコー・血液検査をすることになり、今日絶食をさせて検査に行ってきました。
ALPは630ぐらいに減ってはいましたが、基準値の倍ぐらいあり、やっぱり高いですね、とのことでした。
エコー検査では、胆のう胆管・肝臓も異常は見当たらないとのこと。
骨疾患やクッシング・・・には、月齢が若すぎるので、それは該当しないと思いますし、まだ検査も先でいいと思います、とのことでした。
幼若であれば、ALPは高い、とおっしゃっていましたが・・・
うちの文太の月齢を「幼若」とは言わないと思うけどなー、と。

ですが、いろいろ検査して、疑ってた胆のうもきれいだったので、若さゆえに高いのかもしれないので、月1回の血液検査をして、下がって行ってるか見ましょう。それで下がらないようであれば、利胆剤もあるので、それを試してみましょう、と言われました。
普段通りの生活で大丈夫です、と言われたので、いつも通りの感じで過ごそうと思っていますが。
なぜALPが高いのか…大変気になっています。
7か月の子でも、若さゆえで高くなってるだけ、、ってあり得るでしょうか。

情報が少なくて現時点では何とも申し上げられません。
他の数値、特に総胆汁酸と中性脂肪の値が気になります。
脂質代謝異常や肝門脈シャントで幼少期から肝臓に問題が生じることがございます。
ただ、確かに生後半年くらいまではGPTやALPが高めの事はございますが念のために測定した方が良いでしょう。

投稿者 8823 さん からの返答

情報が少ないなか、いろいろと教えていただきありがとうございました。

検査項目は・・・BUN血中尿素量22.9/CRE腎濾過量0.6/ALT肝酵素
55/TP総蛋白量5.6/GGT胆嚢4/TCHO総コレステロール261/TGトリグリセリド37 と、これぐらいの項目しか検査してもらっていません。
あとは赤血球量やヘモグロビン濃度、血小板などは正常値でした。

獣医師への質問はこちらから

獣医師に質問する(無料)

関心の高い質問ランキング

回答獣医師
ペット医療最前線
動物病院インタビュー
獣医師コラム
あなたの街の獣医師ブログ
会員メニュー
会員登録(無料)
サービス
はじめての方へ
質問と回答
回答獣医師への質問者からの声
動物病院を検索
登録獣医師のご紹介
先生方からのお知らせ
動物病院の求人情報
私たちについて
会社概要
当サイトへのリンクについて
利用規約・会員規約
プライバシーポリシー
よくある質問
お問い合わせ
サイトマップ

グループサイト