だいじょうぶ?マイペット

チョコレートについて。

質問カテゴリ:
その他

対象ペット:
/ 雑種 / 女の子 / 5歳 5ヵ月

質問者:
福島県 / コーシカさん

 
2017/11/08 10:09

初めて質問させて頂きます、アドバイス宜しくお願いします。チョコレートについてです。
今朝方、母がチョコレート入りのパンを食べ、その際チョコレートがこぼれたのに気付かずスリッパで踏んでしまい、そのまま暫く家内を歩いたようです。踏まれたチョコレート本体拭き取り、踏んでしまったスリッパは処分したのですが、家内とは言え範囲が広く、どこまでどう対処すれば良いのか分からず困っています。家中水拭きする訳にもいかず、もう大分時間が経っているので、何処までチョコレートの範囲が及んでいるのかも分からず…先に上げた以外に何か対処をすべきなのか、また、チョコレートは微量であっても、猫が口にした場合致命的なのか、教えて頂きたいです。かかりつけの獣医さんが定休日で聞く事が出来ず困っています、回答をお願いします。

チョコレートの中に含まれるテオブロミンが犬猫の中毒成分です。
しかし、、子供向きのミルクチョコレートやパンの餡に入っているチョコレートにはかなり微量しか含まれません。一般的に体重10キロあたりで菓子製品として50グラムが危険量と言えます。

しかし、バレンタインの時期に出回る高級チョコやブラックチョコは一粒でも危険です。心毒性がございます。

さて、今回の件ですがこぼれたチョコレートがさらに家中に広がったわけですから、かなり薄まっているので猫が家中を舐めまわしてもチョコレート中毒は起こらないでしょう。ご安心ください。

それよりもこれからの風邪の時期ですと、よくアイスノン等の保冷剤中毒が起こります。破れた氷枕から滲み出たエチレングリコールを舐めて急性腎不全になり死亡する猫が後を絶ちません。エチレングリコールは甘くとろみがあるので猫が致死量になるまで舐めとってしまいます。破れた保冷材はすぐ捨てる事・猫が齧らないように気を付けることです。
なお、食品保冷用のアクリル系の吸水ポリマーは多少舐めても大丈夫ですので混同しないようにしてください。

投稿者 コーシカ さん からの返答

とても丁寧な説明をして頂き、ありがとうございます。今回の件は問題無いとの事で、安心しました。猫や犬は食べると命に関わる物が沢山あると知ってから、少し過敏になってしまって。専門家の方に確かなアドバイスをして頂けるのは、とても助かります。保冷剤の件についても、ご助言をありがとうございます。愛猫が元気で過ごせるように、気を付けていこうと思います。また何かあったら質問させて下さい。ありがとうございました。

雑種の里親募集

下の情報から、グループサイト 『hugU(ハグー)』ページへと移動します。
※猫の里親情報を掲載しています。

みんなのペット保険

獣医師への質問はこちらから

獣医師に質問する(無料)

関心の高い質問ランキング

回答獣医師

グループサイトのご案内

犬・猫・小動物などのペット里親情報サイト
ミテミテ みんなのペットコミュニティ
てくてく ペット施設情報検索・口コミサイト
クチコミ・施設写真投稿で500ポイントプレゼント
LINE@みんなのペット健康専門を友達紹介で300円のクーポンプレゼント
会員メニュー
会員登録(無料)
サービス
はじめての方へ
質問と回答
回答獣医師への質問者からの声
動物病院を検索
登録獣医師のご紹介
先生方からのお知らせ
動物病院の求人情報
私たちについて
会社概要
当サイトへのリンクについて
利用規約・会員規約
プライバシーポリシー
よくある質問
お問い合わせ
サイトマップ

グループサイト